「うちの子、家で練習しないんです」

そのお悩みが解決するかもしれません。

ピアノ演奏は、実はたくさんの工程を含んでいるのをご存じでしょうか?

 

①楽譜と鍵盤を交互に見る【目線の移動】       

②音符の高さを読む音符の長さを読む【音高とリズム判別】

③次の音との距離を計る【予測】           

④鍵盤の正しい場所に正しい指を置く【ポジショニング】

⑤指を動かす、音が出る【打鍵】
           

 

お子さんはこんなにもたくさんのことを、一瞬でやるように要求されているのです!


ここに示したのは一部で、実際はもう少し複雑な作業をしています。
ピアノ教育が脳のトレーニングに良いと言われているのもうなずけますね。

 


お家での練習が難しいお子さんは、これらのステップのどこかでつまづいて、

ピアノを弾くこと自体のハードルが上がってしまっていることが多いです。

 


ソルフェージュのレッスンでは「楽譜を読みとる」力をつけます。
楽譜がスラスラ読めることで、「弾ける」「練習できる」までの導線がつくられます。

ベーシック・ソルフェージュ

1年以上教室に通っているけれど、なかなか楽譜が読めるようにならない、そんな方におすすめしたいレッスンです。

楽譜が読めるようになると、より自由に演奏を楽しめようになりますし、自宅での練習も抵抗なくできるようになります。

打楽器を使った拍子やリズムの練習、楽譜の読み書き、楽譜を見て歌うなど、興味が持続するように配慮しながら、丁寧に教えていきます。

音大受験生のためのソルフェージュ・楽典

音大受験のためには専門の実技のほかに、ソルフェージュとピアノが必須です。特にソルフェージュは早めに対策をすることが大切になります。

旋律・和音を聴きとる「聴音」
楽譜を即時に歌う「新曲視唱」

楽譜のルールを学ぶ「楽典」


受験に合格する力をつけるためには、特別な能力は必要ありません。

継続した学習と反復こそが実力をつける方法です。基礎の「き」からしっかり固め、問題集や過去問題などを使って対策していきます。

 

当教室は、管楽器奏者の講師が教えるソルフェージュレッスンを提供しています。
「頭の中に鍵盤がない」「音程感覚がつかめない」という悩みがある受験生の方、まずは体験レッスンにお越しください。