“楽譜”という共通語を学ぶ

「ソルフェージュ」とは楽譜を読むことを中心とした音楽の基礎トレーニングのことです。

リズム感、聴く力なども含めて、演奏するにあたって必要な能力を育みます。

受験を目指す人に限らず、音楽を楽しむ全ての人に受けていただきたいコースです。

ベーシック・ソルフェージュ

1年以上教室に通っているけれど、なかなか楽譜が読めるようにならない、そんな方におすすめしたいレッスンです。

楽譜が読めるようになると、より自由に演奏を楽しめようになりますし、自宅での練習も抵抗なくできるようになります。

打楽器を使った拍子やリズムの練習、楽譜の読み書き、楽譜を見て歌うなど、興味が持続するように配慮しながら、丁寧に教えていきます。

音大受験生のためのソルフェージュ

音大受験のためには専門の実技のほかに、ソルフェージュとピアノが必須です。特にソルフェージュは早めに対策をすることが大切になります。

メロディーを楽譜に書く「旋律聴音」、和音を聴きとる「和声聴音」、簡単な楽譜をその場で読んで歌う「新曲視唱」。どれもはじめは難しいですが、基礎からしっかり固め、最終的には実際の過去問題などを使って対策していきます。

楽典についてもレッスン内の時間を使って教えます。